口コミで評判の高い建物管理業者とは|管理力抜群の日本ハウズイング

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

投資生計は億単位が必要

間取り図とお金

生計を立てるのは困難

貯金を行っても利息が少なく老後の資金などの心配をする人は少なくありません。持っている余剰資金を少しでも活用して増やす試みを行う人が増加しています。投資にはさまざまな種類があります。株式や為替などのハイリスクハイリターンの商品もあれば、投資信託のようにリスクを抑える代わりにリターンも少ない商品もあります。不動産投資は最後に不動産資産を残せる点で他の投資とは異なります。そのため、今人気の投資になっているのです。主に家賃収入を得ることが目的となっていますが、不動産投資を専業にしてセミリタイヤすることは難しくなっています。不動産を上手に活用するなどのノウハウを持っている人であれば、複数の不動産で運用する事も可能です。

利益額は想像以上に低い

しかし一般市民が副業で行える程度の不動産投資ではセミリタイヤするほどの価値を見出すことはできないのです。その理由はキャッシュフローです。家賃収入だけで見ると不動産投資では多くの収入を得ることができます。仮に無ローンで物件を所持しているのであれば、この収入は粗利益になります。しかし不動産は定期的に修繕などを必要とする弱点も持っています。そのため、一定の割合での支出も考慮する必要があります。もちろん税金も考慮すると利益はかなり低くなるのです。ローンで物件を購入している場合には、一戸当たりの利益額はさらに小さくなります。そのため、生計を立てるほどの金額にするためには、億単位の不動産を持っていることが条件となるのです。