口コミで評判の高い建物管理業者とは|管理力抜群の日本ハウズイング

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者のための保証人制度

電卓とお金

保証人の代わりをする会社

高齢化社会の進行によって社会問題化しているのが、賃貸アパートへの入居です。高齢者の場合は連帯保証人を見つけることが難しく、そのために部屋を借りられないケースが増えているのです。一般常識として賃貸アパートへ入居する時には連帯保証人が必要になります。もしも入居者が家賃を滞納した時には、連帯保証人が代わりに家賃を支払う義務があるのです。家主は万一の保証のために連帯保証人を必要とするわけです。しかし連帯保証人を立てられずに部屋を借りられない高齢者が増加しているため、家賃債務保証という制度が導入されるようになっています。家賃債務保証というのは保証会社や公共団体が連帯保証人の代わりになる制度で、これを利用することで高齢者も部屋を借りることができるのです。家賃債務保証制度のおかげで、多くの高齢者が自由に部屋を借りることができるようになっています。

条件は審査に通ること

高齢者にとっては便利な家賃債務保証制度ですが、誰でも利用できるわけではないのです。あらかじめ保証会社に保証料を支払う必要があり、また審査が行われます。過去に家賃滞納の事故歴があったりすると、審査が通らなくなります。また毎月安定した収入がないと、審査に通りにくくなります。高齢者で仕事をしていない場合でも、年金収入があれば利用できます。ただし収入に見合った家賃の部屋を借りる必要があります。なぜなら家賃が高い部屋を借りても、収入が限られていれば家賃を滞納する恐れがあるからです。家賃債務保証制度については各自治体にも相談窓口があるので、利用条件などを相談することができます。民間の不動産屋の中にも家賃債務保証制度を導入している所が増えています。また、オーナーもこの制度を利用して収入を安定させることができます。家賃滞納者が出たらその月の収入が減ってしまいますが、この保証を受けることで生活が安定するのです。